健康

猫におすすめの保険は2社のみ!【実体験から本当にお得な保険のみを厳選!】

猫の保険のおすすめはもろこし保険

こんにちは、ナナです!

「猫の保険ってどれがおすすめなの?猫の保険に入るの初めてだから、どこを選べばいいのかわからなくて…」

愛猫のことを考えると入っておいた方が安心なペット保険。
でも、ペット保険って色々な会社が提供しているので、どれを選んだらいいのか迷いますよね!

もし適当に選んでしまうと、予想以上の保険料に苦しんでしまうことも…。

結論から言うと、私がおすすめするペット保険は、

  • アニコム損害保険
  • アイペット損害保険

です。

とりあえず、この2つのどれかの保険に入っていれば、費用面で困ることはないでしょう。

記事のなかで、おすすめするペット保険の特徴や口コミについて詳しく説明しますね!

そのほかにも、私がペット保険をおすすめする理由や自分で保険を選びたい人のために、ペット保険を選ぶポイントも併せて紹介します。

猫の保険おすすめ2社【口コミあり】

私がおすすめする保険会社の特徴は「窓口清算」できるかどうかです。

実際に利用するとわかるのですが、窓口清算じゃないと手続きが面倒なうえに、保険金が受け取れるまでが長いのです。

そのため、ここでは窓口清算可能なペット保険を2つ紹介しますね!

さらに、実際に利用した人の口コミも併せて紹介します。

アニコム損害保険

【特徴】

  • 多頭割引あり
  • 腸内フローラ測定サービスが毎年無料で受信できる
  • LINEで猫の悩みを獣医さんに相談できる「どうぶつホットライン」あり
プランの種類 ・ふぁみりぃ50%プラン
・ふぁみりぃ70%プラン
1カ月あたりの保険料
※1歳の場合
2,380円〜3,170円
補償割合 ・50%
・70%
年間最大補償額 ・最高60万円(50%プランの場合)
・最高84万円(70%プランの場合)
補償内容 通院・入院・手術
終身継続 あり

口コミ

アイペット損害保険

【特徴】

  • 無事故継続割引で5%OFF
  • 全国のカフェやトリミング施設で利用できる優待券あり
  • 手術と入院に特化した「うちの子Light」だと保険料が格安
プランの種類 ・うちの子50%プラン
・うちの子70%プラン
1カ月あたりの保険料
※1歳の場合
2,280円〜2,830円
補償割合 ・50%
・70%
年間最大補償額 ・最高72.8万円(50%プランの場合)
・最高122.4万円(70%プランの場合)
補償内容 通院・入院・手術
終身継続 あり

口コミ

そもそも猫の保険ってどういうもの?

コーン
コーン
猫の保険って何にゃ?
ナナ
ナナ
動物病院でかかる費用が安くなるのよ!

猫の保険はペット保険と言われ、人間でいう医療保険に近いものです。

猫が病気やケガをした際に、動物病院でかかる費用の一部を保険会社が補償してくれます。

補償内容は加入する保険プランによって異なり、飼い主が支払う保険料も補償が手厚いほど高くなります。

動物病院の診療費は、自由診療となるので基本的に高額になりやすく、さらに全額自己負担なのです。

最近ではペットブームも相まって、ますますペット保険に加入している人は増えているんですよ!

猫の保険って加入した方がいいの?

コーン
コーン
ボクは病気にならないから保険に入らなくても平気にゃ〜
ナナ
ナナ
その考えは間違いだよ

ペット保険は加入しておいた方が、何かあった際に安心です。

猫の病気やケガは予測できないものなので、突然大きなお金が必要になることがあります。

保険に加入していないと、一度の手術で何十万という費用がかかってしまうことも…。

費用が払えないと手術や治療ができないので、最悪死んでしまうこともあります。

保険に入っていれば、費用の一部を保険会社が負担してくれるので、突然の出費にも対応可能です。

ちなみに保険に入っていない場合、下記の料金が全額自己負担となります。

コーン
コーン
こんなにもかかるのかにゃーー!

子猫や高齢猫は保険に入るべき

人によっては、
「成猫になってから保険に入れようかな」
「高齢になると保険って入れないよね」
と思っている人も多いでしょう。

結論から言うと、保険にはなるべく早めに加入してください!
子猫のうちから入っておいた方が安心です。

高齢猫でも入れる保険はあるので、なるべく早めに加入を検討しましょう。

なぜ、子猫や高齢猫に保険の加入をすすめているのかというと、子猫や高齢猫の方が成猫に比べて、病気やケガになる確率が高いからです。

突然の出費に対処できるよう、保険に入っておきましょう!

ただし、加入できる対象年齢が8歳未満のところが多いため、高齢猫は早めの加入をおすすめします。

猫の保険をおすすめする理由

コーン
コーン
そんなに入っておいた方がいいのかにゃ?
ナナ
ナナ
もちろん!費用以外にもお得な特典や割引サービスがあるんだよ

急な手術や入院に対応できる

猫のペット保険をおすすめする一番の理由は、病院代の自己負担額を減らせることです。

負担金が少ないと、急な手術や入院でも「お金が無いからできない」といったことを防げます。

また、保険に加入していると、猫に異変があったときに躊躇せず動物病院へ連れて行けるという点もメリットです。

動物病院は全額自己負担のため、どうしても高額になってしまいます。

そのため、猫の体調に気になることがあっても「少し様子を見てみよう」となる人も多いでしょう。

でもそれって重症だったら大変ですよね!

そういった躊躇をなくすためにも、保険は入っておいた方が安心なのです。

割引や特典などのサービスが受けられる

保険によっては、

  • 多頭割引
  • マイクロチップ割引
  • 健康割増引制度
  • どうぶつホットライン

といったサービスが受けられます。

多頭割引は、同じ契約書が同保険にペットを複数加入させていた場合、保険料が割引されるサービスです。

マイクロチップ割引は、マイクロチップを埋め込んでいるペットに適用される割引サービス。

健康割増引制度は、保険の利用数に応じて翌年の保険料が変動するもの、利用回数が少なければ安くなります。

どうぶつホットラインは、獣医さんへ猫の健康やしつけの悩みなどを電話やLINEで相談できるサービスです。

24時間365日対応しているので、病院が空いていない深夜に相談することも可能!

このように、保険に加入すると様々な嬉しいサービスが受けられます。

猫の保険を選ぶポイント

コーン
コーン
保険っていっぱいあるから、どれを選んだらいいのか困るにゃ
ナナ
ナナ
私が選ぶポイントを紹介するね!

窓口清算が可能か

私が一番重視しているのが窓口清算があるかどうかです。

窓口清算とは、動物病院の会計時点でペット保険の補償が適用されるものです。

会計時点で保険金が適用された金額となるため、非常にスムーズに清算できます。

窓口清算ではない保険だと、動物病院の支払い時点では一時的に全額自己負担での支払いとなります。

その後、請求書を保険会社に送付して受理されてから、保険金が支払われる仕組みです。

窓口清算ありの保険と比べると、非常に手間がかかるため面倒なのです。

補償割合

補償割合とは、いくらまで保険会社が費用を負担してくれるのかというものです。

保険会社によってプランが異なり、

  • 50%プラン
  • 70%プラン
  • 100%プラン

など割合額は様々です。

もちろん100%に近くなるほど補償は手厚くなりますが、それに伴って保険料も高くなります。

そのため、無理のない範囲で補償割合を選ぶようにしましょう。

年間最大補償額

年間最大補償額とは、1年間でいくらまで保険会社が補償してくれるかというもの!

50万円から100万円を超えるものまであり、金額は保険によって様々です。

病気になりやすい猫や高齢猫は、動物病院へ通う機会も多くなるので、高めの保険にしておく方が安心できます。

保険に入る前に、1年間にどれくらい動物病院での費用がかかっているか計算して、参考にするとよいでしょう。

私的には、50%~70%でも問題ないと思います。

通院補償があるもの

保険によっては通院補償がない保険もあります。

しかし、病気によっては入院や手術が必要なく通院のみで治療できる症状もあるため、通院補償がない保険だと、通院のたびに毎回全額自己負担となってしまいます。

通院のみで治療する病気も意外と多いため、通院補償が入った保険が安心です。

加入できる年齢

保険によって異なりますが、だいたい0歳~満8歳までとなっています。

多くの保険が、9歳以上は加入できなくなっています。

そのため、保険を選ぶ際は対象年齢をしっかり確認するようにしましょう。

できるだけ子猫のうちから、遅くても成猫の時点では加入しておくことをおすすめします。

終身継続が可能か

保険によって何歳まで更新できるのかが異なります。
おすすめは終身継続ができる保険です。

高齢になると動物病院へ行く回数も費用も多くなります。

たとえ、高齢加入OKの保険でも、終身でなければあまり意味がありません。

最近では、ほとんどのペット保険が終身まで対応していますが、終身ではない保険も少なからずあるので、加入の際は必ずチェックするようにしましょう!

保険の注意点

コーン
コーン
さっさと保険に入った方がいいんだにゃ!
ナナ
ナナ
ちょっと待って!入っていると安心の保険だけど、いくつか注意点があるの

治療目的以外は対象外

保険の対象は基本的に治療目的の手術や通院、入院となっています。

そのため、避妊や去勢手術といった治療目的ではない手術は、補償対象外になるケースが多いです。

保険会社によって補償の対象は異なるので、加入前にしっかりチェックしておきましょう。

掛け捨てタイプが多い

猫のペット保険は基本的に掛け捨てタイプです。

つまり一度も病院に行かなかったとしても、支払った保険料は戻ってこないということ!

ほとんどの飼い主さんが、お金より愛猫を大切にしていると思うので、そこまで気にする必要はありませんが、念のため覚えておきましょう。

年齢によって保険料は変わる

保険料は猫の年齢によって変動します。

基本的に、年齢に比例して上がる仕組みです。

ただし、保険によっては一定の年齢から保険料が上がらない保険も存在します。

できるだけ保険料をおさえたい人は、高齢でも保険料が上がらない保険を選ぶとよいでしょう。

自分で保険を選びたい人は比較サイトを利用しよう

今回紹介した保険は、あくまでも私個人がおすすめする保険です。

そのため、人によっては「合っていない…」と思う人も多いでしょう。

そういったときは、ペット保険の比較サイトを利用すると自分に合った保険を簡単に探すことができます。

料金は一切発生しないので、一度利用してみるのもよいでしょう。

なるべく早めに保険へ加入しましょう!

もしものときに備えて、保険はなるべく早めに加入しましょう。

おすすめの猫の保険まとめ
  • アニコム損害保険
  • アイペット損害保険

保険によっては、病気になってからでは加入できない、もしくは補償されない保険も多いです。
そのため、病気になる前から保険に加入することをおすすめします。

保険料は、1歳の猫でだいたい1カ月1,500円〜3,000円ほどです。

贅沢を少し控えるだけで負担できる金額なので、愛猫のために早めのうちからペット保険に加入しましょう。

やんちゃな猫でも安心して飼うことができますよ!