健康

猫にアロマは超危険!安全ではない理由を詳しく紹介【知らないと後悔します】

アロマの香りを嗅ごうとしている猫

こんにちは、ナナ(@nekotebiki)です!

旦那くん
旦那くん
猫にアロマって危険なの?安全なアロマオイルがあれば知りたい

今回は、アロマに関するこんな疑問について解決していきます。

先に結論から言うと、危険なので使わない方がいいです!

安全と言われるアロマオイルも存在しますが、それもおすすめはしません。

ではなぜおすすめできないのか。

記事の中で、アロマの危険性について詳しく紹介していきます。

具体的には、

  • アロマを使わない方がいい理由
  • アロマが危険な理由
  • 危険なアロマオイルを紹介
  • アロマディフューザーは大丈夫なのか?
  • 安全と言われるアロマオイル
  • 注意するのはアロマだけではない

を順番に説明しますね!

猫にアロマは使わない方がいい

旦那くん
旦那くん
なんで使ったらダメなの?
ナナ
ナナ
アロマが猫に与える影響には、謎が多いからよ!

なぜアロマを使わない方がいいのかというと、絶対に安全とは言い切れないからです。

アロマオイルが猫に与える影響というのは、しっかり解明されていません。

アロマオイルの種類によっては、使っても大丈夫という人もいます。

しかし、アロマテラピーに使われる精油を舐めて死亡した猫や皮膚に触れたことで中毒を起こした猫がいるとの報告もあります。

そのため、精油の危険性がはっきり解明されるまでは使わない方が安心なのです。

精油(エッセンシャルオイル)とは?

精油とは、特定の植物から抽出される、純度100%の天然由来成分です。

1mlの精油を作るのに100~1000倍の植物が必要になるため、とても高価な品物とされています。

精油は極度に濃縮されているため、猫でなくても過剰な摂取はとても危険です。

猫にアロマが危険な理由

旦那くん
旦那くん
危険な理由ってなに?
ナナ
ナナ
猫の体に関係するのよ!詳しく紹介するね

精油を代謝できないから

猫が精油を代謝できないのは、体の構造によるものです。

猫は完全な肉食動物のため、植物を栄養としたり分解したりすることができません。

犬や人間だと、肝臓の機能で解毒することができます。
そのため、アロマを使っても害にはならないのです。

猫にも肝臓はありますが、解毒の働きをする「グルクロン酸抱合」がありません。

有害な物質が体内に入ってもうまく解毒できないため、精油が中毒症状を起こしてしまうのです。

皮膚が薄いから

猫の皮膚は人間と比べて非常に薄く、半分ほどの薄さと言われています。

そのため、精油の影響を受けやすいのです。

また、精油は植物の有機化合物が何倍にも凝縮されているため、少しの精油を舐めただけでも中毒を起こしてしまいます。

さらに、精油によっては体内に蓄積するものもあるため、ある日突然症状が出ることもあるのです。

危険なアロマを紹介

旦那くん
旦那くん
アロマの種類って多いけど、どのアロマが危険なの?
ナナ
ナナ
危険と言われているアロマを紹介するね!

猫にとって危険なアロマをいくつか紹介します。

間違って猫に使わないよう覚えておいてくださいね!

【フェノールを含んだ精油】
  • シナモン
  • タイム
  • クローブ
  • ミルラ
  • パチュリ
【ケトンを含んだ精油】
  • ラベンダー
  • ペパーミント
  • ローズマリー
【リモネンを含んだ精油】
  • ベルガモット
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
【ピネンを含んだ精油】
  • ユーカリ
  • サイプレス
  • パイン

ただし、アロマオイルの種類によっても成分量が異なるため、上記に無いアロマでも危険なものはあります。

アロマディフューザーはどうなの?

先ほどまでの説明で、

  • 猫の皮膚に精油を使用しない
  • 猫に精油を舐めさせない

ことが重要だとわかりましたよね!

でもここでひとつの疑問が!

旦那くん
旦那くん
アロマディフューザーなら、猫に精油を直接使用していないから大丈夫なんじゃないの?

確かに、アロマを焚いたことが原因で中毒を起こしたという報告はありません。

しかし、はっきり安全であると解明されたわけでもないのです。

先ほども少し触れましたが、精油によっては体内に蓄積するものもあります。

そのため、短期間では症状がでなくても、長期的に利用していると悪影響を及ぼす恐れがあります。

飼い主さんからすると、愛猫の安全が一番です。

少しでも危険の恐れがあるのなら、使わない方がいいでしょう!

安全と言われるアロマオイルは存在する!けど…

旦那くん
旦那くん
でも安全って言われているアロマオイルもあるよね?
ナナ
ナナ
確かにそう言われているアロマもあるね

一般的に安全と言われているアロマもあります。

しかし、精油を長期間猫に使用した実験や研究データは存在しません。

あくまでも論理的に安全と言われているだけです。

その状態で猫に使うのは怖いですよね!

今後もっと研究が進むことで、今は安全と言われているアロマでも危険になる恐れもあるのです。

そういったリスクがあるので、安全と言われているアロマオイルでも私はおすすめしません。

アロマ以外にも注意しよう

旦那くん
旦那くん
アロマにさえ気をつけていればいいんだよね!
ナナ
ナナ
それも違うよ!

精油が使われているのは、アロマオイルだけではありません。

マッサージのオイルや香水にも、エッセンシャルオイルが使われていることがあります。

気づかないうちに猫が舐めないよう、飼い主さんは気をつけてくださいね!

猫がいる環境でアロマは使わないようにしましょう!

人間にとっては癒し効果があるアロマですが、猫にとっては害になる恐れがあるのです。

最悪の場合、病気で死んでしまうこともあります。

愛猫の健康を考え、なるべく利用しないようにしましょう。

香水も利用する際は、精油が使われていないか注意するようにしてくださいね!

【スポンサーリンク】