キャットフード

猫に必要な餌の量がすぐにわかる!猫のタイプ別に表で紹介【面倒な計算不要】

木のデスクに置かれた大量のキャットフード

「猫に必要な餌の量って、1日どれくらいなんだろう?」

猫を飼い始めると、1日にどれくらい餌を与えたらいいのか迷いますよね。
私も最初はよくわからずに、ネットで色々調べました。

成猫の場合は体重1kgに対して52~75kcalが1日に必要なカロリーと言われています。

ただし、このカロリーはあくまでも平均的な数値です。
猫の年齢や状態、環境によっても変わってきます。

そのため、飼っている猫に合わせて計算する必要があるのです。

でも、「どう計算したらいいの?」という疑問がでてきますよね。

そこで今回は、1日に必要な餌の量と計算式を紹介します。
具体的には、

  • キャットフードに記載されている餌の量について
  • 1日に必要な餌の量の計算式
  • 一目でわかる1日に必要な餌の量【タイプ別】
  • 餌の量を守らないとどうなるのか

を順番に説明しますね!

計算するのが面倒という人のために、私が猫の年齢や状態に合わせて計算した、1日に必要な餌の量早見表も紹介しています。

記事を読むことで、簡単に1日のご飯の量がわかるようになりますよ!

パッケージにある餌の量はあくまで目安

コーン
コーン
ご飯の量ってパッケージに書いてあるにゃ!
ナナ
ナナ
確かに書いてはあるけど、正確ではないんだよね

パッケージに書いてある給餌量はあくまでも平均的な数値です。

「痩せている」「肥満」「避妊・去勢後」、さらに「室内飼育」か「室外飼育」かによっても、与える量は変わってきます。

そのため、猫に与える餌の量を正確に知りたいのなら、自分で計算する必要があるのです!

1日に必要な餌の量の計算式

コーン
コーン
どうやって計算したらいいにゃ?
ナナ
ナナ
猫の体重や年齢を、計算式にあてはめるだけでいいんだよ!

1日に必要な餌の量を自分で計算するやり方を説明します。
計算式は何通りもあるため、ここではひとつだけ紹介します。

ナナ
ナナ
計算が面倒くさいという人は、次の章「一目でわかる1日に必要な餌の量【タイプ別】」 で、与える量がすぐわかるようにしているので、飛ばしても大丈夫です!

1日に必要なカロリーを計算する

まずは1日に必要なカロリーを計算する必要があります。

計算式
  • 30×体重+70=1日に必要なカロリー

たとえば、体重4kgの猫の場合

  • 30×4+70=190

なので、1日に必要なカロリーはおよそ「190kcal」となります。

猫の状況に合わせる

1日に必要なカロリーがわかったら、次は飼っている猫の状況に合わせます。

「どういうこと?」
となる人も多いでしょう。

当然ですが、猫によって年齢や肥満度、妊娠中、去勢・避妊後など状況はそれぞれ。

猫の状態によって必要カロリーも違ってくるため、より正確に餌の量を算出するためには、先ほど計算した1日に必要なカロリーに猫の状況を合わせる必要があるのです。

計算式
  • 1日に必要なカロリー×猫の状況=正確な必要カロリー

猫の状況には、下記の数値を入れましょう。

猫の状況 数値
子猫 2
成猫 1.2
高齢猫 1.1〜1.4
肥満気味 1
妊娠中 2
去勢・避妊後 1.2

たとえば、体重4kgで成猫の場合

  • 190×1.2=228

になるので、正確な必要カロリーは「228kcal」となるのです。

グラムになおす

カロリーがわかったら、次はグラムになおす方法です。
キャットフードによって、100gあたりのカロリーも変わるので、しっかり計算する必要があります。

計算式
  • 正確な必要カロリー÷キャットフードのカロリー(100gあたり)×100g=1日に必要な餌の量

正確な必要カロリーが228でキャットフードのカロリーが400gだった場合、

  • 228÷400×100=57

となります。

その結果、体重4kgの成猫の場合、1日に必要な餌の量は「57g」となるのです。

一目でわかる1日に必要な餌の量【タイプ別】

コーン
コーン
数学が苦手だから、計算するのが嫌にゃ!
ナナ
ナナ
そもそも猫って数学できるの・・・?

人によっては計算するのが面倒と感じるでしょう。
私も計算があまり得意ではないので、できれば自分で計算したくないです(笑)

そんな人のために、一目でわかる餌の必要量を表にして紹介します!

子猫

猫の体重 1日に必要なカロリー 1日に必要な量(g)
ドライタイプ
※100gあたり446kcal
1日に必要な量(g)
ウェットタイプ
※1缶あたり110kcal
1kg 140kcal 35g 104g(1.3缶)
2kg 235kcal 55g 176g(2.1缶)
3kg 319kcal 75g 238g(2.9缶)
4kg 396kcal 95g 296g(3.6缶)
5kg 468kcal 110g 349g(4.3缶)
6kg 537kcal 125g 401g(4.9缶)
7kg 602kcal 145g 450g(5.5缶)
8kg 666kcal 160g 497g(6.1缶)
9kg 727kcal 170g 543g(6.6缶)
10kg 787kcal 185g 588g(7.2缶)

成猫

猫の体重 1日に必要なカロリー 1日に必要な量(g)
ドライタイプ
※100gあたり416kcal
1日に必要な量(g)
ウェットタイプ
※1缶あたり84kcal
1kg 84kcal 20g 82g(1缶)
2kg 141kcal 35g 137g(1.7缶)
3kg 191kcal 45g 186g(2.3缶)
4kg 238kcal 60g 231g(2.8缶)
5kg 281kcal 70g 273g(3.3缶)
6kg 322kcal 80g 313g(3.8缶)
7kg 361kcal 90g 351g(4.3缶)
8kg 400kcal 95g 388g(4.7缶)
9kg 436kcal 105g 424g(5.2缶)
10kg 472kcal 115g 459g(5.6缶)

高齢猫

猫の体重 1日に必要なカロリー 1日に必要な量(g)
ドライタイプ
※100gあたり394kcal
1日に必要な量(g)
ウェットタイプ
※1缶あたり90kcal
1kg 77kcal 20g 70g(0.9缶)
2kg 129kcal 35g 118g(1.4缶)
3kg 176kcal 45g 160g(1.9缶)
4kg 218kcal 55g 198g(2.4缶)
5kg 257kcal 65g 234g(2.9缶)
6kg 295kcal 75g 268g(3.3缶)
7kg 331kcal 85g 301g(3.7缶)
8kg 366kcal 95g 333g(4.1缶)
9kg 400kcal 105g 364g(4.4缶)
10kg 433kcal 110g 394g(4.8缶)

肥満の猫

猫の体重 1日に必要なカロリー 1日に必要な量(g)
ドライタイプ
※100gあたり345kcal
1日に必要な量(g)
ウェットタイプ
※1缶あたり77kcal
1kg 70kcal 20g 74g(0.9缶)
2kg 118kcal 35g 125g(1.5缶)
3kg 160kcal 45g 170g(2.1缶)
4kg 198kcal 60g 211g(2.6缶)
5kg 234kcal 70g 249g(3缶)
6kg 268kcal 80g 285g(3.5缶)
7kg 301kcal 90g 320g(3.9缶)
8kg 333kcal 100g 354g(4.3缶)
9kg 364kcal 105g 387g(4.7缶)
10kg 394kcal 115g 419g(5.1缶)

妊娠中の猫

猫の体重 1日に必要なカロリー 1日に必要な量(g)
ドライタイプ
※100gあたり446kcal
1日に必要な量(g)
ウェットタイプ
※1缶あたり110kcal
1kg 140kcal 35g 104g(1.3缶)
2kg 235kcal 55g 176g(2.1缶)
3kg 319kcal 75g 238g(2.9缶)
4kg 396kcal 95g 296g(3.6缶)
5kg 468kcal 110g 349g(4.3缶)
6kg 537kcal 125g 401g(4.9缶)
7kg 602kcal 145g 450g(5.5缶)
8kg 666kcal 160g 497g(6.1缶)
9kg 727kcal 170g 543g(6.6缶)
10kg 787kcal 185g 588g(7.2缶)

餌の量を守らないと健康状態に影響する

コーン
コーン
餌の量って適当ではダメなのかにゃ?
ナナ
ナナ
毎回与える量が違うと、身体に影響がでてくるのよ!

猫の消費カロリーはある程度決まっています。
そのため、ご飯を与え過ぎても、与えなさ過ぎてもダメなのです。

消費できるカロリーよりも多く与えていると肥満になりますし、逆に不足していると栄養失調になってしまいます。

肥満も栄養失調も酷い場合には命にかかわるので、飼い主さんは毎日しっかり餌の量を測って与えるようにしてください。

猫に与える餌の量はしっかりと管理しましょう

今回紹介したように、猫の年齢や状況によっても与える餌の量は異なります。

猫に与える餌の量まとめ
  • キャットフードに記載されている量はあくまで目安
  • 猫の年齢や環境、状態によっても餌の量は変わる
  • 餌の量を守らないと肥満や栄養不足になる恐れも

餌の量を正確に知るのは、とても大切なことです。

子猫や高齢猫の場合、与えるカロリーによって健康に育たなかったり、命にかかわったりします。

「少しくらい適正量と違っても大丈夫だろう」

と考えてしまいがちですが、猫が健康に過ごせるように飼い主さんがしっかり食事管理をしてあげてください。

計算が面倒なら、今回私が紹介した早見表で確認すればOKです!

ちなみに、キャットフードは与える量も大切ですが、時間や回数も重要です。
それについては、別の記事で紹介しますね!👇

餌の時間を待っているオレンジ色で目が黄色い猫
猫の餌の時間や回数には目安がある!理想の時間や回数を紹介【間違えた与え方は低血糖に…】猫の餌の時間や回数に明確な決まりはありません。しかし、ある程度の目安はあります。目安の時間から大きく外れると嘔吐をしたり、病気になったりする恐れもあるので結構重要なポイントです。猫が安心してご飯を食べられるように、飼い主さんは食事管理をしっかり行いましょう!こちらでは、餌の時間や回数の目安を紹介します。...