キャットフード

知らないと危険!キャットフードのドライとウェットの違い【どっちがおすすめ?】

白いお皿に盛られたドライタイプとウェットタイプのキャットフード

こんにちは、ナナ(@nekotebiki)です!

旦那くん
旦那くん
キャットフードって、ドライフードとウェットフードどっちがいいんだろう?

こんな疑問もったことありませんか?

キャットフードのドライとウェットの違いを知らずに選んでしまうと、飼っている猫の年齢や体質にあわず病気や栄養不足になったり、費用が余計にかかったりと色々なリスクが発生してしまいます。猫のためにも、その時にあった適切なタイプのキャットフードを選ぶことが大切です。

とはいえ、多くの人が
「ドライとウェットの違いって何?」
「おすすめはどのタイプなの?」
といった疑問を持っているでしょう。

そこで今回は、キャットフードのドライとウェットの違い、さらにどちらがおすすめなのかも紹介しますね!

具体的には、

  • ドライとウェットの違い
  • どちらがおすすめなのか
  • 一番重要なこと

を順番に説明していきます!

キャットフードのドライとウェットの違い

旦那くん
旦那くん
ドライタイプとウェットタイプには、どういった違いがあるの?
ナナ
ナナ
色々あるんですが、口で説明するのが難しいので、わかりやすいように表で説明するね。
 
ドライ
ウェット
栄養バランス
保存期間
衛生面
食べやすさ
腹持ち
種類
価格

表は一般的なドライとウェットを比較しています。種類によって異なることがあるので、あくまでも目安として参考にしてください。

キャットフードのドライとウェットどちらがおすすめ?

旦那くん
旦那くん
ドライとウェットどっちが良いんだろう?
ナナ
ナナ
どちらが良いというよりは、猫の状態にあわせることが大切なんだよ。

結論から言うと、ドライフードかウェットフードかは、猫の年齢や健康状態に合わせて選ぶことが大切です。

というのも、ドライもウェットも、それぞれにメリットがあり、どちらが良い悪いというものはありません。年齢に合わせて切り替えることの方が重要です!

ではどの年齢にはどのタイプがいいのか、わかりやすく紹介しますね。

子猫ならドライタイプ

子猫はこれから体が出来上がってくるため、栄養価が高いキャットフードを与えることが大切です。
ドライフードは栄養バランスに優れたものが多く、まだご飯をたくさん食べることができない子猫でも、少しの量で十分な栄養を摂ることができます。

ちなみに、子猫だとドライフードが固くて食べにくそうにする子もいるかと思います。そんな場合は、お湯や子猫用のミルクでふやかして与えてください。消化にも良いので、おすすめですよ!

子猫に適したおすすめのドライフードはコチラ👇

オレンジのエサ入れに入ったドライタイプのキャットフードを食べる猫
ドライタイプのキャットフードの選び方とおすすめフード3選ドライタイプのキャットフードには、メリット・デメリットどちらもあるので、飼っている猫に合わせて選ぶ必要があります。もし猫に合っていないタイプのフードを与え続けると病気になる可能性だってあるのです!こちらでは、ドライタイプのキャットフードの選び方とおすすめ3つを紹介します...

成猫ならドライタイプorウェットタイプ

成猫になると基本的にはドライorウェットのどちらでも問題はありません。選ぶ基準としては、猫の好みに合わせるといいです。
ほとんどの猫が、ウェットフードを好みます。理由としては、ウェットフードの方が食感や味が良いためです。その分ドライフードより値段が高くなります。

しかし、猫によっては今まで食べてきたドライ(ウェット)に飽きてしまい、ご飯を突然食べなくなる場合も!
そういったときのことを考えて、どちらのご飯にも慣れさせておくことをおすすめします。その方が、災害時など「ご飯がどちらかしか準備できない」といった状況になっても安心です。

でも、猫が嫌がっているのにご飯を無理に変えるのはやめてくださいね!あくまで猫を優先に考えてあげてください。

成猫に適したおすすめのウェットフードとドライフードはコチラ👇

ウェットタイプのキャットフードを食べる灰色の猫
ウェットタイプのキャットフードの選び方とおすすめフード3選 ウェットタイプのキャットフードを購入する場合、選ぶポイントやメリット・デメリットを知ったうえで購入した方が安全です。 ...
オレンジのエサ入れに入ったドライタイプのキャットフードを食べる猫
ドライタイプのキャットフードの選び方とおすすめフード3選ドライタイプのキャットフードには、メリット・デメリットどちらもあるので、飼っている猫に合わせて選ぶ必要があります。もし猫に合っていないタイプのフードを与え続けると病気になる可能性だってあるのです!こちらでは、ドライタイプのキャットフードの選び方とおすすめ3つを紹介します...

高齢猫ならウェットタイプ

高齢猫にもなると、消化機能が衰えてきたり、噛む力が弱くなってきたりします。そういった場合には、消化や噛むのに優しいウェットタイプがおすすめです。

もし、ウェットタイプが嫌いな猫なら、ドライフードをお湯でふやかして与えてください。そうするとウェットフードと同様の柔らかさになり、消化にも優しくなります。

高齢猫に適したおすすめのドライフードはコチラ👇

ウェットタイプのキャットフードを食べる灰色の猫
ウェットタイプのキャットフードの選び方とおすすめフード3選 ウェットタイプのキャットフードを購入する場合、選ぶポイントやメリット・デメリットを知ったうえで購入した方が安全です。 ...

一番重要なのは総合栄養食

旦那くん
旦那くん
猫の年齢や健康状態にあわせて選ぶことが大切なんだね!
ナナ
ナナ
そうだね!あと、もう一つ大切なことがあるよ!

ドライフードかウェットフードかよりも重要なのが、「総合栄養食」かどうかです!
基本的に、猫のご飯には「総合栄養食」「一般食」「おやつ」「療法食」タイプがあります。

総合栄養食は、猫の健康をサポートする栄養素が十分に含まれているキャットフードです。極端にいうと、総合栄養食と水があれば生きていけます!
しかし、それ以外の一般食やおやつは、あくまで総合栄養食の補助でしかないため、それだけを与えると栄養不足になってしまいます。

なので、キャットフードを買う場合は、「ドライフード」か「ウェットフード」かよりも、まずは「総合栄養食」であるかに注意して選ぶようにしましょう!
ちなみに総合栄養食かどうかは、キャットフードのパッケージに記載されているので、わかりやすいはずです。

下記で総合栄養食については、下記記事で詳しく解説しています👇

総合栄養食とは
猫の総合栄養食って何?【猫を長生きさせたいなら見てください】猫のご飯で「総合栄養食」って聞いたことありますか?何なのか、知らずにキャットフードを選んでいるのなら、大きな間違いを侵している可能性があります!こちらでは、猫の総合栄養食について詳しく紹介します。...

まとめ

ドライタイプもウェットタイプも、どちらにもメリット・デメリットがあるので、飼っている猫の年齢や体質にあわせて選ぶことが大切です。

まとめ
  • ドライにもウェットにもメリットがある
  • 猫の年齢にあわせて選ぶことが大切
  • ドライもウェットも食べられると安心
  • 重要なのは総合栄養食

ドライフードとウェットフード、どちらにも優れているメリットがあるため、一概にどちらがおすすめとは言えません。

猫の年齢や健康状態にあわせて、その時にあった適切なタイプを選ぶようにしましょう!

モグニャンキャットフード