キャットフード

【猫がキャットフードを食べない!】簡単に解決できる対処法とおすすめのフード3つを紹介

キャットフードを食べない茶色の長毛種の猫



ナナ
ナナ
コーン!ご飯だよ〜
コーン
コーン
もぐもぐ!もういいにゃ〜
ナナ
ナナ
どうしたんだろ?全然食べてないや…、美味しくないのかな?店員さんに聞きに行ってみよう!

–(お店)–

ナナ
ナナ
店員さん!コーンが全然ご飯を食べてくれなくて…、もしかしたら今買っているキャットフードが合わないのかなって
店員
店員
そうなんですね。確かにキャットフードが合っていない可能性もありますが、食べない理由はそれ以外にもあるんですよ!

猫がキャットフードを食べない場合、与えているキャットフードが合ってない、または与え方に原因がある恐れがあります。キャットフードが原因の場合、対処法を実践すればすぐにご飯を食べるようになります!

とはいえ、多くの人が
「何が原因で食べないの?」
「どういった対処法があるの?」
「どんなキャットフードを与えたらいいの?」
といった疑問を持つでしょう。

そこで今回は、猫がキャットフードを食べない原因と対処法、さらに猫が好むおすすめのキャットフードを3つ紹介しちゃいます!

具体的には、

  • 意外と知らない猫の食事に対する習性
  • キャットフードを食べない理由
  • キャットフードを食べないときの対処法
  • おすすめのキャットフード3選
  • 対処法を試しても食べない場合は

を順番に説明していきますね!

猫の命に関わる場合もあるので、ぜひ最後まで目を通してください。

猫がキャットフードをたくさん食べないのは普通のこと

ナナ
ナナ
キャットフードを急に食べなくなることって、他の猫ちゃんにも多いんですか?
店員
店員
同じような悩みを持つ飼い主さんは多いですね。でも心配しなくていいんですよ!

まず覚えておいてほしいのが、猫は一度にたくさんのご飯を食べないというのが一般的です。猫には元々、決まった時間にご飯を食べるといった習慣がありません。また、猫本来の習性として、動きが鈍くなると狩に支障がでるので、お腹いっぱいにご飯を食べることを避けます。そのため、いつもの時間にご飯を与えても食べなかったり、少量ずつだらだら食べたりするのです。

飼い主は、猫がご飯をまったく食べないのか、それとも時間はかかるけど全部ご飯を食べているのか一度確認してみましょう。

猫がキャットフードを食べない理由

ナナ
ナナ
どうして急にご飯を食べなくなったのかなぁ?
店員
店員
猫がご飯を食べなくなる原因は様々なので、一概には言えないんですよね。

あなたの飼っている猫が、どの原因で食べないのかしっかりチェックしてみましょう!

好みではない

もっとも一般的なのが、与えているキャットフードが好みではないというケースです。

猫は味や風味に敏感です。少しでもお気に召さないと、まったく食べないこともあります。そういった場合は、キャットフードを切り替えて様子を見てみましょう。もし、フードを切り替えて食べるようになったら、好みではなかったということです。

キャットフードが今までと違う

今まで食べてきたキャットフードから、別の新しいご飯に切り替えなどしていませんか?猫は警戒心が強く、生後6ヵ月までに食べたご飯以外、すぐに食べるといったことをしません。たとえ自分が好きな味や風味であっても、警戒心が解けるまではおそるおそる食べていきます。

安心なキャットフードだとわかれば、これまで通り食べてくれるので、心配しなくても大丈夫です。

同じキャットフードばかりで飽きた

今まで美味しそうに食べていたキャットフードでも、突然飽きて食べなくなることはよくあります。

人間も、毎日同じご飯では飽きてしまいますよね?猫も一緒で、毎日同じキャットフードでは飽きてしまいます。なので、与えるキャットフードを適度にローテーションして、飽きさせない工夫をするようにしましょう!

ちなみに、一度飽きたキャットフードでも、別のキャットフードに切り替えた後なら、また食べるようになることもあります。

おやつを与えすぎ

ジャーキーやクッキーといったおやつが原因で、猫がご飯を食べなくなることもあるんです!おやつは猫が好んで食べるように作られているため、与えすぎるとおやつ以外食べなくなってしまいます。

猫からしても総合栄養食のご飯よりは、美味しいおやつが食べたいので、出されたご飯を食べずに、おやつがもらえるのを待っているのです。

高齢になってきたから

高齢になると運動量が落ちてくるので、必然的に必要カロリーも少なくなります。また、食欲自体もなくなってきます。そのため、ご飯を食べる量が少なくなったり、ご飯を出されても興味を示さなくなったりするのです。

鮮度が落ちてきたから

猫は香りや湿気にとても敏感です。そのため、キャットフードの鮮度が落ちてきたら食べなくなってしまいます。

ウェットフードの場合は、開けたらどんどん鮮度が落ちるため、その日で食べるのが理想です。
ドライフードの場合は、開封後でもきちんと密閉すれば1ヵ月ほどは保存可能ですが、空気に触れたり光に当たったりすることで酸化していきます。保管場所には気をつけ、鮮度が落ちてきたなら、新しいキャットフードに交換するようにしましょう。

不衛生な環境だから

猫は綺麗好きな動物です。そのため、食器が少しでも汚れているとご飯を食べないことがあります。なるべく、毎日食器は洗うようにして、清潔な状態でご飯を出すようにしましょう!

ちなみに、ケージが汚れていたり、トイレから近くてもご飯を食べないときがあります。猫が住む家は常に清潔な状態を保ち、トイレの設置場所もご飯や水飲み場からなるべく離すようにしてくださいね!

病気

食べない原因には、病気にかかっていることも考えられます。

もし猫が、キャットフードを食べようとして食べないなら、歯周病や口内炎の可能性があります。ご飯はまったく食べないのに、水はやたらと飲む場合は、慢性腎臓病の可能性も!また、ご飯を出しても猫の元気が無くずっと食べようとしないなら、何か大きな病気にかかっていることもあります。

あなたの猫にこのような症状が出ていないか確認し、少しでも気になる点があったらすぐでも病院で診察してもらってください。

猫がキャットフードを食べないときの対処法

キャットフードが原因でごはんをあまり食べなくなってしまっている場合の対処法と注意点を原因別に紹介しますね!

キャットフードを変えてみる

今与えているキャットフードが好きではない可能性があるので、一度別のキャットフードに変えて様子を見てみましょう。

新しいキャットフードに切り替える際は、肉系なら魚系へ、魚系なら肉系へと主要原料を変更してみてください。また、与えるキャットフードも高品質でタンパク質が多いものがおすすめです!猫は元々タンパク質を多く必要とする動物なので、ご飯も高品質で高タンパク質のものを好む傾向があります。

ちなみに、猫は魚が好きと思われがちですが、実際は完全な肉食動物です。猫=魚は日本人の勝手なイメージで、外国では猫=魚とイメージする人は少ないのです。
そのため、「猫は魚が好きだから」と思って、魚系を多く含んだキャットフードを与えている人は、一度肉系のフードを試してみてください!

キャットフードを切り替える時は新しいフードを少量ずつ入れる

猫は警戒心が強い動物なので、いきなり新しいキャットフードに切り替えてもなかなか食べません。新しいフードに切り替えたタイミングで、あまりごはんを食べなくなってしまった場合は、以前与えていたフードに少し新しいフードを混ぜて食べさせましょう。

新しいフードを混ぜても問題なく食べるようなら、徐々に新しいフードの割合を増やしていき、最終的にはすべて新しいフードに切り替えるようにしてください。

ウェットフードを与えてみる

日頃ドライフードを与えていて、上記2点を試しても食べてくれない場合は、ウェットフードを試してみてください。

ウェットフードはドライフードに比べて、猫が好む味付けや食感になっているので、猫の食いつきが非常に良いです。ドライフードは食べなくても、ウェットフードなら食べるといった猫も多いので、試しに与えてみるとよいでしょう。

気をつけてほしいのが、ウェットフードの与えすぎです。上記でも説明したように、ウェットフードは猫が好む味付けとなっているので、ウェットフードばかり与えてしまうと、ドライフードを食べなくなってしまう恐れもあります。なので、ウェットフードを与える場合でも、適度にドライフードも挟むようにしてくださいね!

おすすめのウェットフードはこちらの記事で紹介しています👇

白いお皿に盛られたドライタイプとウェットタイプのキャットフード
知らないと危険!キャットフードのドライとウェットの違い【どっちがおすすめ?】キャットフードのドライとウェットの違いについて、気になっている人は多いでしょう。ドライもウェットもそれぞれメリットが異なるため、しっかり理解して飼っている猫にあったキャットフードを選ぶことが大切なのです!もし、間違ったタイプのキャットフードを与えてしまうと、大きなリスクが発生する場合も…。...

キャットフードをふやかしてみる

ドライフードの場合、ふやかして与えてみるのもおすすめです。

ドライフードをふやかすと、味や匂いが変わる(増すため)ため猫の食いつきがよくなります。ですが、40度以上になると急激に美味しさが損なわれるので気をつけてくださいね!

ふやかすには、ぬるま湯や猫用ミルクをフードに加えて与えましょう。猫が食べるようになったら徐々に水分の量を減らして固形に近づけていくようにしてください。

ふやかし方の詳しい手順(写真付き)や、ふやかすメリット&デメリットはコチラの記事に詳しくまとめています👇

ふやかしたキャットフードをスプーンで食べている黄色い猫
キャットフードの正しいふやかし方を解説!【間違った方法は栄養不足に!】「キャットフードのふやかし方がわからない」という人必見!キャットフードの正しいふやかし方を詳しく紹介します。キャットフードはふやかし方を間違えると、しっかり栄養がとれなくなってしまいます。そうならないように、正しいやり方を覚えておきましょう!...

手で与えてみる

食器にご飯を入れても食べない場合は、手で直接与えてみてください。

猫によっては、ご飯を食べることを億劫に感じる子もいます。そういった猫には、直接手で与えるのが有効的です。手で与えて食べるようなら、徐々に食器に誘導していき、最終的には食器からご飯を食べさせるようにしましょう。

食事環境を変える

食事環境を常に清潔な状態に保ってください。

最初の方でも説明しましたが、猫はとてもキレイ好きな動物なので、少しでも不衛生だとご飯を食べなくなることがあります。なので、食器やケージは常に清潔な状態を維持するようにしましょう。

また、食事環境に問題がある場合もあります。トイレが近かったり、食事場所が騒がしかったりすると食べなくなるケースも。食器をトイレから離したり、暗くて狭い場所に移動したりして、猫が安心して食べれる環境を用意してあげてください。

猫が好むおすすめのキャットフード3選

どんなキャットフードに切り替えたらいいのか迷う人もいると思いますので、猫が好むおすすめのキャットフードを3つ紹介しますね!

レガリエ

特徴

  • 特製の鯛パウダーが猫の食いつきをよくする
  • 国産のキャットフードなので鮮度がいい
  • 小型サイズなので酸化する前に食べ切れる
価格通常価格:5,480円(税抜)/1.5kg
定期便コース:4,280円(税抜)/1.5kg
初回限定おためし:500円(税抜)/160g
原産国日本
主原料鶏肉・牛肉
成分タンパク質:31.0%以上
脂質:15.0%以上
粗繊維:3.0%以下
灰分:9.0%以下
水分:10.0%以下
カロリー:372kcal(100gあたり)

公式ページ

ニュートロ ナチュラルチョイス 室内猫用 アダルト チキン

赤いパッケージのニュートロナチュラルチョイス(室内猫用)

特徴

  • チキンはタンパク質を多く含んだ素材を使用
  • 嗜好性テストにて、多くの猫に選ばれるほど食いつきの良さが証明されている
  • 主要原料は安心の高品質チキン
価格2,700円/2kg(税込)
原産国アメリカ
主要原料チキン
成分タンパク質:33.0%以上
脂質:14.0%以上
粗繊維:7.0%以下
灰分:10.5%以下
水分:10.0%以下
カロリー:360kcal(100gあたり)

amazon

ピュリナ ワン 美味を求める成猫用 1歳以上

餌を食べない猫用のピュナリワン美味を求める成猫用

特徴

  • 新鮮なチキンを使用しているため抜群の美味しさ
  • 分包タイプのため出来立ての風味を長期間保てる
  • 尿路結石になりにくいマグネシウムバランス
価格1,454円/2.2kg(税込)
原産国アメリカ
主要原料チキン
成分タンパク質:33.0%以上
脂質:13.0%以上
粗繊維:2.0%以下
灰分:8.5%以下
水分:12.0%以下
カロリー:430kcal(100gあたり)

amazon

24時間猫がキャットフードを食べないなら病院へ

ナナ
ナナ
店員さん!教えてもらった対処法を試したのに、全然食べてくれなくて…
店員
店員
もしかしたら、病気の可能性がありますね(汗)

今回紹介した対処法を試しても、猫がまったくご飯を食べないなら病気の可能性が高いです。もし、24時間以上猫が何も食べないのなら、すぐに獣医さんに診てもらいましょう。
また、嘔吐や下痢、元気がないなど、目に見えて症状が出ている場合も、急いで病院に行くようにしてください!

まとめ

猫がご飯を食べない理由としては、与えているキャットフードや与え方に原因があることが多いです。

まとめ
  • キャットフードを変えてみる
  • 少量ずつ切り替える
  • ウェットフードを試してみる
  • ふやかしてみる
  • 手で与えてみる
  • 食事環境を変えてみる

猫がご飯を食べないようなら、今回紹介した対処法をぜひ試してみてください。猫は好き嫌いが激しい動物なので、フードを変えるだけで食べるようになります!

ただし、食べない時間が長かったり、あきらかに元気がない場合は病気の恐れが…。

猫に長生きしてもらうには、飼い主がしっかりと猫の体調を管理する必要があります。少しでも気になることがあれば、早めに獣医さんに相談するようにしましょう!