生活用品

猫が喜ぶおすすめのトイレを厳選紹介!【ほしいトイレがすぐに見つかります!】

茶色いドーム型猫トイレと猫砂

こんにちは、ナナ(@nekotebiki)です!

旦那くん
旦那くん
猫のトイレがほしいけど、種類が多くてどれを選んだらいいのかわからない…。おすすめってあるのかな?

今回は、こういった人の疑問を解決していきます!

結論から言うと、猫や飼い主さんの好みにもよるため、「猫のトイレはコレがおすすめ」とは言えません。

猫のトレイは非常に種類が多く、それぞれ特徴が異なります。

トイレごとにメリット・デメリットも違うため、飼い主さんによっておすすめが変わってくるのです。

旦那くん
旦那くん
そうはいってもおすすめが知りたいな…

そんな人のために、タイプ別におすすめのトイレをいくつか紹介します。
自分に合ったタイプのトイレをぜひ見つけてください!

さらに、トイレの種類や選ぶポイントについても紹介します。

猫はトイレにこだわる!

コーン
コーン
このトイレおしゃれじゃないから嫌にゃ!
旦那くん
旦那くん
そんなぁ〜

猫はトイレにとてもこだわります。

少しでも気にいらないと、トイレ我慢するようになったり、こっそりトイレ以外の場所で用を足してしまうようになるのです。

トイレをしないと尿路系の病気になるのでとても危険!

そのため、愛猫が好むトイレを飼い主さんがしっかり選ぶ必要があるのです。

猫のトイレの種類

旦那くん
旦那くん
どのトイレを選んだらいいのかな?
ナナ
ナナ
まずは構造を決めて、次に形を決めるといいよ!

猫のトイレは大きくわけて3構造。

さらに形は4種類あります。

それぞれ、メリット・デメリットがあるので、詳しく紹介しますね!

猫トイレの構造は3つ

箱型トイレ

箱型トイレ

リッチェル コロル ネコトイレ F60

メリット デメリット
・容器が洗いやすい
・オシッコの状態が確認できるので体調の異変に気づきやすい
・トイレのなかでも比較的安い
・臭いがでやすい
・猫砂が飛び散りやすい
・猫砂の減りが早い


最も一般的な猫用トイレです。

猫砂を入れて使用し、猫が排泄したらウンチやオシッコした部分を、スコップで取り除きます。

排泄物と一緒に砂も取り除くため、少なくなってきたら猫砂を補充しましょう。

▶おすすめの箱型トイレはコチラ

システムトイレ

システムトイレ

花王 ニャンとも 清潔トイレ

メリット デメリット
・臭いがしにくい
・掃除が簡単
・猫砂の補充がいらない
・オシッコの状態の確認がしにくい
・シートの費用がかかる


トイレの底が二重構造になっているタイプのトイレです。

上の段に消臭効果のある砂を敷きつめ、下の段にペット用のトイレシーツをセットして使います。

一番のメリットは、消臭効果が高いため臭いがほとんどしないこと!

ナナ
ナナ
うちもシステムトイレを使ってるんだけど、義弟くんが遊びに来た時に全然獣種がしないって言って驚いてた!

トイレシーツは1週間に1回の交換でよいため、飼い主の手間も軽減できます。

猫砂が固まらないタイプのため、箱型トイレと比べて砂の補充の必要がなく、費用がおさえられる点もGood!

▶おすすめのシステムトイレはコチラ

自動トイレ

自動トイレ

CIRCLE0(サークルゼロ)

メリット デメリット
・毎日掃除する必要がない
・臭いがほとんどしない
・ほかのトイレに比べて高い
・排泄物から健康チェックがしにくい

猫のウンチやオシッコを自動で掃除してくれる便利なトイレ。

忙しくてなかなか掃除できない飼い主さんにおすすめです。

排泄物は本体下のコンテナに集められるため、臭いもほとんどしません。

種類によっては、1カ月掃除不要の自動トイレもあります。

ただし、たまった排泄物は飼い主さんが回収する必要があるので気をつけましょう。

▶おすすめの自動トイレはコチラ

猫トイレの形は4つ

オープンタイプ

猫トイレオープンタイプ
メリット デメリット
・壁が低いので高齢猫でも入りやすい ・猫砂が飛び散りやすい
・掃除がしやすい ・臭いがしやすい

壁が低く作られているタイプのトイレ。

もっとも一般的なトイレで、種類も多くあります。

壁が低いため砂が飛び散りやすいというデメリットはありますが、高齢猫でも入りやすいというメリットもあります。

掃除がしやすいという点も、飼い主さんからしたら嬉しいところです。

ハーフカバータイプ

猫トイレハーフカバータイプ
メリット デメリット
・砂が飛び散りにくい
・掃除がしやすい
・臭いがしやすい

オープントイレより、壁が高く作られているのがハーフカバータイプです。

一番のメリットは、砂が飛び散りにくいというところ!

ドームタイプのトイレを嫌がる猫におすすめです。

ドームタイプ

猫トイレドームタイプ
メリット デメリット
・猫砂が飛び散らない
・臭いが外に漏れにくい
・臭いや湿気がこもりやすい
・トイレの掃除がしにくい

天井部分まで覆われているのが、ドームタイプのトイレです。

砂が飛び散りにくく、臭いが外に漏れにくいのがメリット!

ただし、臭いや湿気がなかにたまりやすいため、猫がトイレを嫌がる恐れがあります。

上から出入りするタイプ

猫トイレ上から出入りするタイプ
メリット デメリット
・猫砂が飛び散らない
・トイレに見えない
・サイズが大きい
・高齢猫には向かない

上に穴が空いており、そこから出入りするタイプのトイレ。

トイレのなかでは、一番猫砂が飛び散りにくいタイプです。

ただし、サイズが大きいためケージのなかに設置するには不向き。

また、上からしか入れないため、足腰の弱い高齢猫には負担となります。

猫砂選びも重要!

旦那くん
旦那くん
猫砂も選び方ってあるの?
ナナ
ナナ
もちろん!

猫砂は全部で4種類あります。

  • 紙製
  • 木製
  • 穀物系
  • 鉱物系

それぞれ特徴が違うのでしっかり選ばないと、「思ってたのと違った…」なんてことにもなります。

猫砂について、おすすめや選び方など詳しく知りたい人は、下記の記事をチェックしましょう!

シップタイプの猫砂をスコップに乗せている
愛猫が喜ぶトイレの猫砂が簡単に見つかる!おすすめの猫砂5つを紹介【すべて安全】猫のトイレに使われる猫砂。非常に種類が多いので、どれを選んだらいいのか迷いますよね!もし、間違った猫砂を買ってしまうと、トイレに合わなかったり、猫が好まなかったりすることも…。こちらでは、おすすめの猫砂5つと選ぶポイント3つを詳しく紹介します。...

猫トイレの相場

旦那くん
旦那くん
猫のトイレっていくらくらいなの?
ナナ
ナナ
だいたいの相場を紹介するね!
箱型・システムトイレ 自動トイレ
2,000円〜6,000円 15,000円〜70,000円

一般的な箱型トイレやシステムトイレの相場は、2,000円~6,000円ほどです。

ただし自動トイレは20,000円を超えるものが多く、高いものだと100,000円近くするものもあります。

ナナ
ナナ
箱型やシステムトイレでも機能的には十分だから、無理して自動トイレを買う必要はないよ!

猫トイレの選び方

旦那くん
旦那くん
猫トイレの種類はわかった!あとは、好きなトイレを買えばいいよね
ナナ
ナナ
ちょっと待ったー!トイレにも選び方があるんだよ
ナナ
ナナ
この4つについて詳しく解説していくね!

形はオープンタイプまたはハーフカバータイプがおすすめ

オープンタイプとハーフカバータイプは、開放的な形なので臭いや湿気がこもりません!

猫は臭いに敏感なので、くさい場所だとトイレをしなくなってしまいます。

そのため、ドームタイプを嫌う猫もたくさんいるのです。

底が浅すぎないこと

底が浅すぎると、猫砂が外に飛び散ってしまいます。
猫砂を下記ながら地面に落とす猫
また、砂がオシッコを吸収できず、底に溜まって臭う原因にもなるのです。

できるだけ底が浅くないトイレを選び、猫砂も多めに入れましょう!

猫の大きさに合っているか

理想は猫の体長の1.5倍の大きさです。

それより小さいと、猫の排泄物がトイレから出る恐れがあります。

ナナ
ナナ
まさにコーンがそうなんだよね…
コーン
コーン
ちっさいトイレを買うのが悪いにゃ!
ナナ
ナナ
早急に買い換えます

また、トイレが小さいと猫が落ち着いて排泄できません。

落ち着けない場所だと、トイレを我慢してしまうこともあります。

トイレを購入する際は、事前にしっかりサイズを確認しましょう!

掃除がしやすいか

トイレをキレイに保つため、掃除は定期的に行う必要があります。

そのため、洗いやすい・掃除がしやすいトイレの方が、飼い主さんの負担を軽減できるのです。

猫はキレイ好きな動物なので、汚いトイレだと排泄をしなくなります。

できるだけ掃除がしやすいトイレを選び、定期的にキレイにするようにしましょう!

【タイプ別】おすすめの猫トイレ

ナナ
ナナ
こっからは、タイプ別におすすめの猫トイレを紹介するね!
コーン
コーン
はーい、なんだにゃ!

「安くて掃除が簡単なトイレがほしい」なら箱型トイレ

  • 簡単に洗えるトイレがいい
  • とりあえず費用はおさえたい

という人は、箱型トイレがおすすめです!

箱型トイレのおすすめを下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

猫用箱型トイレのおすすめ
猫の箱型トイレおすすめ3つとあると便利な消臭アイテム を紹介【安くて使いやすい】猫のトイレとして一般的な箱型トイレ。王道のため種類も数多くあります。しかし、箱型トイレのなかには猫に合わないものもあるので、飼い主さんがしっかり見極める必要があるのです!こちらでは、箱型トイレのおすすめ3つと便利な消臭アイテムを紹介します。...

「できるだけ臭いがしないトイレがほしいけどトイレに1万以上出せない」ならシステムトイレ

  • できるだけ臭いをおさえたい
  • 掃除も簡単にできるトイレがいい
  • でも自動トイレは高いから無理

という人は、システムトイレがおすすめです!

システムトイレのおすすめを下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

システムトイレを部屋の床に広げておいている
猫が好むシステムトイレを3つ紹介【猫の目線で決めないとトイレをしなくなる!】猫のシステムトイレを探しているなら、飼い主さんのメリットだけを考えるのではなく、愛猫が使いやすいかも考えて選んであげましょう!そうしないと、猫がトイレをしなくなってしまいます。猫が好みやすいおすすめのシステムトイレを3つ厳選して紹介しますね!...

「忙しくてトイレを掃除する時間がほとんどない」なら自動トイレ

  • 忙しくてなかなか掃除できない
  • 臭いはできるだけおさえたい
  • 費用は高くても問題ない

という人は、自動トイレがおすすめです!

自動トイレのおすすめを下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

トイレットペーパーにくるまれているクリーム色の猫
猫の自動トイレおすすめ3つを紹介!【失敗しない選び方や注意点を教えます】猫の自動トイレは、選び方を間違えると猫が使ってくれません。自動トイレは高額な商品なので、ただの部屋のインテリアになってしまうのは避けたいですよね!そこで今回は、猫が利用しやすく、さらに飼い主さんも使いやすい自動トイレのおすすめを紹介します。...

猫のトイレが臭うときに便利なアイテム

旦那くん
旦那くん
排泄物をすぐ片付けても、臭いがするね…
ナナ
ナナ
そういったときは、コレよ!

どんなに定期的に掃除をしても、トイレの臭いが気になることがありますよね!

そういったときは、ペット専用の消臭スプレーがおすすめです。

猫砂にスプレーするだけで、嫌な臭いをおさえることができます。

猫トイレの臭いが気になる人は、ぜひ試してみてください!

私のおすすめをひとつ紹介しておきますね!

カンファペット

価格 1,520円(税込)
容量 300ml


公式サイト

猫トイレの設置場所はココがおすすめ

旦那くん
旦那くん
買ったトイレは、どこに置こうかな〜
ナナ
ナナ
おすすめの設置場所もあるんだよ!
おすすめの猫トイレ設置場所
  • ご飯を食べる場所から遠い位置
  • 静かな場所
  • 明るすぎない場所

餌入れの近くにトイレを置いてしまうと、猫がご飯を食べなくなってしまいます。

また、人間の移動が多いうるさい場所や明るすぎる場所も猫が落ち着けないため、トイレの設置位置としては不適切です。

できるだけ、猫が落ち着いてトイレできる場所を選び設置してあげましょう!

猫のトイレは定期的に洗うこと!

旦那くん
旦那くん
定期的に洗うことって言われても、どれくらいで洗ったらいいの?
ナナ
ナナ
理想のタイミングを教えるね!

理想としては月1回~2回、猫砂を変えるタイミングでトイレ容器も一緒に洗いましょう!

システムトイレのトイレシーツは1週間に1回の交換でOKです。

ただし、トイレ容器に汚れがあれば、都度ペット用の除菌シートで拭き取るようにしてください。

猫に合ったトイレを選ぼう!

猫用トイレは種類が多いので、選ぶのがとても大変です。

でもしっかり選ばないと、愛猫がトイレを我慢する恐れもあります。

妥協せずに、愛猫が気に入るトイレを探してあげましょう。

もし、どれを買ったらいいのかわからないという人は、今回紹介したタイプ別おすすめ猫トイレを参考にしてください。

どれも、買って後悔しない猫トイレを厳選していますよ!

  • とりあえず安くて掃除が簡単なトイレがほしいなら箱型トイレ
  • 臭いが気になるから、できるだけ臭いがしないトイレがほしいならシステムトイレ
  • 忙しくてトイレを掃除する時間がほとんどないなら自動トイレ
スポンサーリンク